妊娠を希望する女性に
適切な医療と教育を提供し
よりよい妊娠転帰と産後の
長期的な母児の健康維持を目指す


日本母性内科学会について
About

母性内科学は、妊娠期を中心に、妊娠前から妊娠後にかけての内科的合併症の治療や将来の疾病予防と健康増進を目的とした学問です。母性内科医は刻々と変化する妊娠期の生理や病態に関する深い理解と最新の知見をもとに総合的な内科診療を行なう専門家、すなわちジェネラリストかつスペシャリストです。本会はこの分野を担う専門家グループとして、よりよい医療に向けての研究、他学会や医療従事者への適正な専門医療情報の伝達も使命としています。


母性内科診療
プロバイダー制度とは

Provider

日本母性内科学会は、2018年2月より『母性内科診療プロバイダー制度』を発足しました。本制度は、母性内科学に関する十分な学識と経験を有する医師を認定することにより我が国における母性内科学の研究、教育、診療の水準を向上発展させることを目的としています。

詳しく見る


医療関係者向け情報
Doctor

2021年9月7日の中日新聞の朝刊に「母性内科」の紹介記事が掲載されました。

2021年9月7日の中日新聞の朝刊に「母性内科」の紹介記事が掲載されま...

ガイドライン・医薬・医療情報
妊婦さんの新型コロナウイルス感染症について - 母性内科と妊娠と薬情報センターより -に関する内容をアップしました

妊婦さんの新型コロナウイルス感染症について - 母性内科と妊娠と薬情報...

ガイドライン・医薬・医療情報
2020年度母性内科診療プロバイダー12名が認定されました!

2020年度母性内科診療プロバイダー12名が認定されました!

事務局からのお知らせ


患者さん向け情報
Patient

母性内科外来を開設している病院およびクリニックのページを更新しました!

母性内科外来を開設している病院およびクリニックのページを更新しました!

患者さん向けトピックス
2021年9月7日の中日新聞の朝刊に「母性内科」の紹介記事が掲載されました。

2021年9月7日の中日新聞の朝刊に「母性内科」の紹介記事が掲載されま...

事務局からのお知らせ