母性内科学とは
Obstetrics Medicine


理念
Philosophy

お母さんと赤ちゃんに明るい未来を

母性内科とは「A sound baby in a sound maternity:健全な母体に健全な児は育つ」の理念のもと、慢性疾患を持つ女性の妊娠(合併症妊娠)と、妊娠中に出現した内科疾患の診療(妊娠合併症)を専門的知識をもって診療する、従来の内科でも産婦人科でもない、内科と産婦人科の融合によって作りあげていくべき新しい分野と考えます。 私たち日本母性内科学会は、母性内科医のアイデンティティを確固たるものとし、そのネットワークを広げることで医療の質を向上させることを目的としています。


役割
Role

慢性疾患を持つ女性の妊娠(合併症妊娠)の診療

膠原病・甲状腺疾患・高血圧・糖尿病・呼吸器疾患・腎疾患など

妊娠・出産は母体に大きな負荷をかけるため、基礎疾患の悪化や流産・早産のリスクを高めます。また、胎児への影響を心配して治療の継続をためらう患者さんもいます。このような患者さんの「妊娠と治療の両立」をサポートします。

妊娠中に出現した内科疾患(妊娠合併症)の診療および産後のケア

妊娠糖尿病・妊娠高血圧症候群など

妊娠合併症を起こした女性へのフォローが重要です。例えば妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を経験した女性は、出産後に糖尿病、高血圧症へと進展しやすいことがわかっています。つまり、妊娠を契機に将来かかりやすい病気が見えてくるのです。病気の素因を見抜き生活指導を行うことで、産後の長期的な母児の健康維持を探求し、将来の疾病予防につなげます。

プレコンセプションケア

妊娠に向けてのリスク予防、将来の疾病予防と健康増進

思春期前から妊娠の準備は始まっていますから、早くからの体調管理や健康教育が重要です。

治療薬の妊娠・授乳期リスクに関する情報提供と安全性に関する研究

薬物治療と妊活・妊娠・母乳育児の両立支援

妊娠・授乳中の薬の使用について、不安を持つ女性をサポートします。


母性内科の必要性
Necessity

社会環境が目まぐるしく変化するなか、出産年齢の上昇によって、基礎疾患保有率や妊娠合併症の頻度が高まっています。近年、医療の進歩により病気の治療成績が向上し、さまざまな慢性疾患を抱えていても、症状をうまくコントロールしながらの妊娠・出産が可能になってきました。またさらに、生涯に一人の女性が出産する子どもの数が少なくなった影響のためか、より理想的な妊娠・出産のために万全の準備をと考える人が増えてきているように思います。

このような状況下にあって、「母性内科」が求められる役割は年々大きくなってきています。妊娠という状態の特殊性を熟知したうえで母体を治療することによって、母児のwell-beingをもたらすということを目的とする立場として、その必要性と学会に求められている役割を会員一人ひとりが認識しながら、我が国における母性内科学の研究、教育、診療の水準の向上と発展に日々努めております。