母性内科診療
プロバイダー制度
Provider


概要
Overview

母性内科診療プロバイダー制度とは、母性内科学に関する十分な学識と経験を有する医師を認定することにより、 我が国における母性内科学の研究、教育、診療の水準を向上発展させることを目的とした本学会独自の資格制度です。


プロバイダー制度がめざすもの
Aims

01
内科医、産科医をはじめとする多くの医療スタッフに母性内科診療に興味を持ってもらい、仲間を増やすこと。

02
学会ホームページに、プロバイダー資格所有者とその専門領域を公開することで、相談相手を見つけやすくし、医療者間コミュニケーションを取りやすくすること。

03
将来的には、プロバイダー在籍施設において、妊娠前、産後ケアに対する保険点数が取れるなど医療職のインセンティブにつながること。


研修プログラムの紹介
Introduction

母性内科診療プロバイダーの資格取得に必要な母性内科学会の研修プログラムをご紹介します。

プロバイダーコースBasic

母性内科の基本的な事項を学ぶための複数のショートレクチャーと、多職種・多施設の医療者がケーススタディを通じて、妊婦の病態の鑑別・治療方法の選択について、ともに学ぶロールプレイを組み合わせた1日完結のハンズオンセミナーです。東京・大阪を中心に年1-2回の頻度で開催しています。母性内科プロバイダー資格の申請には必須の講習となっています。

セミナーを見る

プロバイダーコースAdvanced(eラーニング)

母性内科の各分野について、エキスパートからより深く学ぶためのe-learning形式の通信講座です。ご自分の専門分野のレクチャースライドをご覧いただき、確認テストを受けて知識習得のセルフチェックを行っていただきます。1回のお申込みで以降6か月間、レクチャースライドを見ていただくことができ、ご自分の専門分野以外のスライドを閲覧することも可能です。母性内科プロバイダー資格の申請に必須の講習となっています。

学習内容を見る


資格について
Qualification

  • ・「母性内科診療プロバイダー」は、母性内科診療に必要な知識と技能をもち、将来の各分野における母性内科学の研究や教育、診療水準の向上と発展に貢献しうると期待される医師に与えられる、学会独自の認定資格です。
  • ・母性内科診療の各分野とは、産婦人科および10の内科的専門分野(総合内科および代謝・内分泌、腎・高血圧、循環器、血液、神経、呼吸器、消化器、膠原病、感染症)をさします。今後新たな分野の設置も検討しています。
  • ・名称は、「母性内科(○○分野)プロバイダー」とします。
    ※例1.母性内科(内科・代謝内分泌分野)プロバイダー
    ※例2.母性内科(産婦人科)プロバイダー
  • ・プロバイダー資格申請に必要な要件は以下の通りです。
    • ①日本国の医師免許証を有し、医師として人格及び見識を備えていること。
    • ②申請時において引き続き2年以上学会の会員であり、年会費を完納していること。
    • ③プロバイダー研修計画に従い通算2年以上の母性内科学の臨床研修を行ったこと。
    • ④プロバイダー研修計画による研修単位20単位以上を取得していること。
    • ⑤日本産科婦人科学会産婦人科専門医または、日本専門医評価・認定機構が認定する基本領域学会の認定医或いは専門医の資格を有すること。
    • ⑥プロバイダーコースBasicおよびプロバイダーコースAdvancedを受講していること。
認定者一覧
2020年度プロバイダー資格認定者.pdf


2021年度
資格申請のご案内

Application

応募要項

申請受付期間 2021年1月12日から2021年5月31日まで(当日消印有効)
申請書(提出書類)一式の内容
  • ① 日本母性内科学会プロバイダー資格認定申請書
  • ② 履歴書
  • ③ 医師免許証の写し
  • ④ 申請する分野の専門医資格保有証明書(例:内科(代謝・内分泌)プロバイダーであれば内分泌専門医 または糖尿病専門医証、内科(総合内科)プロバイダーであれば総合内科専門医証)
  • ⑤ 症例一覧表
  • ⑥ 研修単位取得一覧表
  • ⑦ 審査料振り込み控え(2万円)
  • ⑧ ①~⑥の写し一部

※注1)申請には、取得単位に加えてプロバイダーコースbasicおよびadvanced course (e-learning)の受講が必須です。
※注2)審査料の振り込み先の口座はメールにてご連絡をいただいた際にお伝えいたします。
連絡先メールアドレス:takagai-m@ncchd.go.jp (@は半角にしてください)
※注3)書類はすべてA4サイズの用紙に統一してください。

申請書類のダウンロード

資格認定申請書、履歴書、症例一覧表、研修単位取得一覧表は下記よりダンロードして作成してください。

資格認定申請書・履歴書・症例一覧表をダウンロードする 履歴書をダウンロードする
審査方法

申請書類一式に審査料振り込み控えを添えて学会事務局まで郵送ください。厳正なる審査の上、該当年 度の母性内科理事会で承認し、本人の通知をもって発表といたします。発表後はホームページ上に記載 いたします。

送付先

〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科内
日本母性内科学会プロバイダー制度事務局
担当 高貝